きょうだいの遺産分割 ー我が家のケースー

遺産分割 橋本

小学生の時のことです。

ある日、同級生が、学校が終わるや否や一目散に家に帰って行きました。
理由を尋ねたところ「早く家に帰らないとお菓子がなくなるから」と話してくれました。

正直なところ私はその話を聞いて愕然としました。
そんなことは一度も考えたことがなかったからです。

私には姉がいました。
姉が私のお菓子を食べることはなく、何時に帰ってもお菓子は残してありました。兄弟が多いと違うことを、その時気づきました。

姉弟げんかをすることはありませんでしたが、それでも姉が父にとても可愛がられていたことにちょっぴり嫉妬していました。

ところが後日、父が亡くなってから姉と話をしていて分かったのですが、姉は私とは全く逆のことを考えていたようです。

姉曰く「あんたがいつも大事にされていて面白くなかった」と。
何かと「上だから我慢しなさい」と言われていたのだよ、というではないか。


親が分けたお菓子の量でけんかするのもよくあることです。子供にとって『量の多いこと=愛情が多いこと』になるようです。

つまり食べ物の争いではなく、親の愛の奪い合いだったかもしれないのです。

自分も親となり分かったのですが、親は子を平等に愛そうとしますが、子供は平等ではなく自分の方をより愛してほしいと願っているようです。

他の兄弟より愛されていないのではないかと悩んでいた方に親が遺言でダメ押しされたらどうなるでしょう。

相続 遺産分割 自宅 キンスマ 相談

実際、遺産分割のお手伝いをさせていただいて分かったのは、お金の争いではなく実は過去の“想い”の清算であることが分かってきました。
では、遺産分割でもめる確率が高い「きょうだい」のパターンはあるでしょうか。


かつて若貴問題が世間をにぎわしていたとき…、
思うに同じ仕事(まさに同じ土俵で)を兄弟でやっていることは並みの神経では続けられないことだと思います。
そんな訳で遺産分割で「兄と弟」が一番もめるケースではないかと勝手に思っていました。


ところが、実際に私がお手伝いさせていただいたお客さまで一番苦労したのは「兄と妹」でした。

子供のころ、「兄と妹」は仲も良く、兄は遺産分割でもめるなんて露ほども考えていません。
ところが実際相続が発生すると・・・
兄 曰く「親の面倒を見てきた自分が当然相続するもの!」
妹 曰く「遺産分割って法定割合でするのが原則じゃないの?」
なんて意見の対立が起きるのです。

これは妹さんが尊敬していた兄を奪った「兄の嫁と妹さん」の戦いでもある訳です。
兄と妹の仲がよければなおさらです。愛憎がからんだ確執はこじれると修復には時間がかかります。
さらに兄に子供がなかったりしたら問題はさらに複雑になります。

相続 遺産分割 自宅 キンスマ 相談

それでは「姉と弟」なら比較的うまくいくのではと密かに考えました。
弟は姉の方が先に生まれていることもあり、自分が全部とは初めから考えていません。
姉も長男でもある弟の継ぐ実家を大切にしたい気持ちもあり、うまくいくのではと思っていましたが、先日の相談者(姉)は弟が許せないと言っていました。

「兄と弟」または「姉と妹」のケースは逆に相続までに覚悟ができて、もめないのかもしれません。

そして配偶者の存在も見逃せません。姉と弟でもめていたあるケースでは弟の嫁が、夫に「お義姉さんがそういうならその通りにしたら」といってまとまりました。

ある兄と妹のケースでは兄の嫁対妹となってしまい、どちらも譲り合いません。

結局、どの「きょうだい」ならうまくいく訳でもないようです。

 

遺産分割はむつかしいです。

相続 遺産分割 自宅 キンスマ 相談


上記についてアドバイスを希望していませんか?

まずはワンコイン相談にてお気軽にご相談下さい。

相続 遺産分割 自宅 キンスマ 相談
杉浦経営会計事務所

税理士法人

杉浦経営会計事務所

営業時間
8:30~21:00
(土日除く)
営業日
当社カレンダーによる

〒492-8139
愛知県稲沢市国府宮
神田町45番
TEL 0587-23-3100
FAX 0587-23-2558

カウンター

サイトNo.39

2018.3.6